もう迷わない!あなたの肌荒れ、皮膚科と美容皮膚科どっち?

肌トラブルは、初期段階で対処することが、美しい肌を維持する秘訣。特に肌荒れに悩まされ続ける人は、専門的なアドバイスを求めたくなるものです。
皮膚科と一言で言っても、『皮膚科』と『美容皮膚科』とがあります。どちらも医療機関ではありますが、その役割や専門分野には明確な違いがあります。ここでは、皮膚科と美容皮膚科それぞれの特性について詳しくご紹介します。
美肌の人には、かかりつけ医がいるものです。自分に合った医師を見つけるための参考にしてくださいね。

この記事のポイント

  • 皮膚科と美容皮膚科の違い
  • 皮膚科・美容皮膚科での治療の流れ
  • .皮膚科・美容皮膚科で肌荒れを診てもらうメリット5つ
目次

皮膚科と美容皮膚科

『皮膚科』と『美容皮膚科』はどちらも皮膚科ではありますが、その治療内容や専門領域には大きな違いがあります。
これらの違いを理解することで、自分のニーズに合った医療機関を選択することができるでしょう。

皮膚の疾患は皮膚科へ

皮膚の疾患は、主に保険適用の治療を行う皮膚科が適しています。
保険適用の治療が可能な皮膚の症状には以下のものがあります。

・アトピー性皮膚炎
・ニキビ
・湿疹、かぶれ
・水虫
・いぼ
・ヘルペス
・帯状疱疹
・脱毛症
・やけど、日焼け、けが(すりきず、切りきず) など

皮膚科では、症状に応じてレーザー外来やピーリング外来などの特殊な治療も提供されることがあります。
また、治療法には医院によって得意分野があるため、訪れる前に調べておくと良いでしょう。
例えば「ニキビ治療が得意」というようにアピールしていたとしても、レーザー治療やピーリングが行えない場合もるため、どんな治療が受けられるかを事前に調べることが大切です。

美容に関する肌の悩みや肌質の改善は美容皮膚科へ

美容上の悩みや肌質の改善には、美容皮膚科がおすすめです。
美容皮膚科では、病気というよりも美容に関する治療を行い、専門的なドクターが最先端の医療機器を用いて悩みを解決します。
ほとんどが自由診療のため、皮膚科に比べ治療費が高くなることもありますが、その分治療効果を早く実感できることが多いのが特徴です。
美容皮膚科でできる治療の一例として、以下があげられます。

・ニキビ治療
・シミ、そばかす治療
・毛穴治療
・たるみ治療
・肌再生治療
・薄毛治療
・アンチエイジング
・医療痩身治療
・専用コスメの販売

美容皮膚科は、内装が洗練されサロンのような雰囲気のクリニックも多いのが特徴です。
また、医師やスタッフの対応がフレンドリーであることが多く、肌の悩みを気軽に相談できる環境が整っています。
美容上の悩みや肌の改善に関しては、美容皮膚科をおすすめします。

皮膚科での肌荒れ治療

肌荒れに悩まされた際に、皮膚科でどのような治療を受けることができるのでしょうか。
具体的な流れや治療内容についてご紹介します。

肌荒れ時の皮膚科での治療の流れ

その一連の流れの例をご紹介します。

①問診表の記入
まず、診察を受けるにあたって、保健証を提示し、問診票に必要事項を記入します。
基本的な個人情報の他、現在抱えている肌の症状、発症時期、過去の医療歴などを詳細に書いていきます。

②診察と治療
順番が来たら、皮膚科医による診察です。医師は、肌の状態を観察し、可能な治療をその場で行ってくれます。

③薬の処方と次回の予約
診察の結果に基づいて薬が処方されます。また、再診が必要な場合は次回の診察予約も行います。

皮膚科で行われる肌荒れ治療の例

皮膚科での治療は、外用薬や内服薬を使用したものが多いです。具体的には以下のような方法をとります。

ニキビ治療
・アダパレンや過酸化ベンゾイルの処方:毛穴詰まりを解消し、肌を滑らかにする
・抗菌薬の処方:炎症を起こしているニキビに対し効果を発揮
・面ぼう圧出:専門の器具を使用して、毛穴内の皮脂や角質を物理的に除去

乾燥肌/敏感肌治療
・白色ワセリンの処方:皮膚の保護効果によって乾燥肌の保湿維持に効果的
・ヒルドイドローションの処方:肌の水分保持能力を高めることで、乾燥肌を改善
・ステロイド外用薬の処方:炎症を抑え、肌荒れを落ち着かせるために使用される
・抗ヒスタミン剤の処方:アレルギー反応によるかゆみや赤みを和らげる

これらの治療法は、皮膚科医の診断に基づいて、個々の肌の状態に合わせて選択されます。
肌荒れに対する適切な治療を受けることで、肌の健康を取り戻すことが可能です。

美容皮膚科での肌荒れ治療

一方の美容皮膚科では、医薬品での治療と同時に医療機器を使用した美肌治療なども多く行われます。

肌荒れ時の美容皮膚科での治療の流れ

美容皮膚科での肌荒れ治療のプロセスを見てみましょう。

①カウンセリング
美容皮膚科の場合、専門のカウンセラーが常駐し、診察の前にカウンセリングを行う場合が多いのが特徴です。
一人ひとりとしっかり向き合う時間を設け、以下のような幅広い内容について、美容と健康、両面からのアプローチで話を聞いていきます。

・生活習慣
・食生活
・普段のスキンケアの方法
・お肌の悩み

カウンセリングを通じて、生活習慣の中に潜む原因を探り、見逃されがちな問題点を指摘してもらえます。

②診察・治療

美容皮膚科の医師は患者の「肌の悩み」に対して敏感に耳を傾け、小さなニキビ一つでも気軽に相談しやすいのが良いところ。
来院者の多くは医師と長期的な関係を築き、共に肌の問題を解決していきます。
また、治療方法の提案には非常に多様性があり、一人ひとりの肌の悩みに合わせて、治療の順序や各治療法がどのような効果を持つのかを丁寧に説明してくれます。

③スキンケア方法の提案・薬やサプリメントの処方

肌荒れに悩む方の中には、実は間違ったスキンケア方法が原因になっている場合も多いです。
美容皮膚科では、一人ひとりの肌質に合わせたスキンケアの方法を提案し、なぜその方法が最適なのかを丁寧に説明してくれます。
また、治療の効果を高める医薬品やサプリメント等の処方も行っており、効率的に治療を進めることが可能です。

信頼できる美容皮膚科を見つけることで、あなたの肌ケアがより安心できるものになるでしょう。

美容皮膚科で行われる肌荒れ治療の例

美容皮膚科では、疾患の治療にとどまらず、より美しい肌を目指す治療を受けることができます。
例えばニキビ治療の場合、皮膚科では、基本的に現在発生しているニキビの治療や、ニキビを出づらくする治療などを行いますが、美容皮膚科の場合は、それに加えて過去に発生したニキビ(ニキビ跡)の治療や、未来における再発防止のための肌質改善に向けた提案がなされます。
特にクレーター状のニキビ跡になってしまった場合などは、保険診療での改善が難しく、美容皮膚科での治療の方が満足度の高い結果が得られる場合が多いです。

ポテンツァ
最新のニードルRF治療器。毛穴、ニキビ跡、肝斑など幅広い肌悩みを改善。

ダーマペン
超極細針で肌の表面に穴をつくり、肌の再生を促す。人気のニキビ・ニキビ跡治療。

フラクショナルレーザー(ピコフラクショナル)
高密度のレーザーを照射して表皮内に微小な空洞を作り、コラーゲンの増殖を促進する治療法。

ケミカルピーリング
専用のピーリング薬剤を塗布して肌の古い角質を除去し、ターンオーバーを整える治療法。
皮脂の排出を促しニキビをおさえる効果も。

エレクトロポレーション
電気の力で、美容成分を皮膚の深層に浸透させる美肌治療。

肌荒れの背後にある主な原因4

肌荒れに悩む方々に共通して見られる、主な原因を挙げてみましょう。あなたの肌荒れの原因もここにあるかもしれません。

肌荒れを放置して悪化させた

ちょっとしたニキビや傷ができただけでは、病院への受診をためらいがちですが、このような状態をそのままにしておくと、症状は最悪の状態へと悪化してしまいます。
一度ニキビがクレーター状の凹みや色素沈着として残ってしてしまうと、保険適用の治療での改善は困難になることが多いです。
また、自分ではニキビだと思っていた症状が、実際にはマラセチア菌やニキビダニといったものが原因の場合もあり、これらは医療機関での適切な治療が必須です。
美しい肌を取り戻すためには、早期に専門の診断を受けることが重要な鍵となります。

間違ったスキンケアによる肌荒れ

自己判断でのスキンケアが原因で肌荒れを引き起こすケースは珍しくありません。スキンケアに迷走してしまい、結果として余計な出費がかさんでしまうことも。
美容皮膚科での適切なアドバイスを受けることで、肌荒れの改善につながるので、まずは相談に行ってみましょう。

肌荒れがストレスになり、さらに症状が悪化

肌荒れがストレスの原因となり、その結果として症状がさらに悪化するという悪循環に陥ることも。
専門家に相談するだけで解決の糸口が見え、ストレスが軽減されることもあります。肌の悩みは、早めに相談して気持ちをすっきりさせましょう!

ダイエットで栄養が不足し、肌荒れに

美容と健康は密接に関連しており、過度なダイエットによる栄養不足が肌荒れの原因となることもあります。
20代から30代の女性の中には、こうした「隠れ栄養失調」の状態にある人が多いとされ、特に鉄分不足が指摘されています。
肌荒れ改善のために、適切なサプリメントの摂り方などもアドバイスしてもらうと良いでしょう。

皮膚科・美容皮膚科で肌荒れを診てもらうメリット5つ

「それでもやっぱり皮膚科や美容皮膚科に行くのはハードルが高い…」と思い悩んでしまう方へ、医療機関で肌荒れを診てもらうことで得られるメリットを紹介していきますね。

専門家からのアドバイスで悩みや不安が軽減される

専門家からアドバイスをもらうことで、肌荒れに対する心配やストレスが和らぐ経験をした方がたくさんいらっしゃると思います。
自分一人で肌トラブル改善に取り組んでいると不安になることもありますよね。
専門家の手助けを受けることで、肌荒れ改善への道のりがより明確になり、心強いですよ。

効果的な薬の処方

肌の炎症に対し、スキンケアだけでは解決しづらい場合、医師による適切な薬の処方が役立ちます。
保険適用で処方される医薬品は、肌の回復を助け、症状の悪化を防ぎます。化膿や傷になってしまった場合などは、薬を処方してもらうようにしましょう。

スキンケア以外の改善策

肌荒れが起きるとスキンケアに注力することが多いですが、実は栄養不足や生活習慣、ストレスなどが原因であることも少なくありません。その場合は無暗なスキンケアではなく、医療の視点からの適切なアドバイスを通じて、睡眠時間や食生活など、生活習慣の乱れを見直していくことが重要です。

最先端の美容医療での治療

美容皮膚科では、レーザー治療や美容注射など、自宅のケアでは受けられない最先端医療を受けることができます。
これらはセルフケアよりも即効性があり、かつ確実な改善が見込めます。肌荒れを治療するだけでなく、より美肌へと導くプラスの効果も期待できるため、多くの方に選ばれています。

医薬品やサプリメントの選び方を教えてもらえる

肌荒れの治療に際して、医薬品やサプリメントの内服が推奨されることも少なくありません。
自分で買うのは難しく感じますが、選び方を専門家から教わることで、自分に合った製品を手軽に見つけられるようになります。
ドラッグストアやコンビニでも購入できる低価格のものもあるので、ぜひ試してみてください。
肌荒れの改善はもちろん、栄養バランスの改善によって体調の向上にもつながりますよ。

まとめ

皮膚科や美容皮膚科を受診することで、突然やってくる肌荒れの問題に対し、専門的な治療やアドバイスを受けることが可能です。
肌荒れをきっかけに、信頼できる皮膚科や美容皮膚科のかかりつけ医を見つけることは、将来の美肌を守る心強い味方になってくれるはずです。

恵比寿アズクリニックお得なサブスクのご案内

恵比寿アズクリニックでは、患者様お一人おひとりに合わせてメニューをカスタマイズできる定額制プランをご用意しております。

アズクリで人気の施術も最大30%OFF。大変お得なプランとなっております。

※プレミアムプランの場合

記事監修

奥野彰子/医師

奥野 彰子

医師・恵比寿アズクリニック院長

  • 東京慈恵会医科大学卒業後、東京慈恵会医科大学付属病院にて形成外科に入局。
  • 2008年より美容皮膚科 院長を15年勤める。
  • 2023年5月 恵比寿アズクリニック院長に就任。

詳細プロフィール

この記事をシェア
目次